わくわくJAPAN

目覚めよ、ニッポン! 日本と世界の明日を考える 愛国まとめ!!

    韓国

    71228e2b

    ソース元: http://shiba.2ch.sc/test/read.cgi/akb/1492834982/

    まさに一触即発の朝鮮半島情勢。 橋本徹 大先生が現地 韓国にわざわざ乗り込んで多数のリポートを送ってきて下さった(http://wakuwaku-japan.blog.jp/archives/16755596.html)様に、現地ではすでに客観的に事態を把握できる状況にはない模様です。 最後に、本件の注目ポイントは、これからの韓国を担う大学生の回答である点。 近未来の韓国の考えがコレです。


    korea_antie

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1493630727/

    世界中で『韓流』が終わり‥ というか、嫌韓が広がっているのだと思われます。注目すべきは、韓国が官民挙げて『韓流』を仕掛け、こうして常にブームをウォッチしている事です。 


    yunbyonee

    ソース元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493278495/

    「自分達は悪くない、たとえ悪くても日本はもっと悪い」こういう思考パターンをずっと刷り込まれると、目前の問題に対して認知が歪んでしまい、正しい解決・対応ができなくなる様です。


    gw0430

    ソース元: http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1493432837/

    北朝鮮暴発危機で朝鮮半島が一触即発の状態にある今、ゴールデンウィークの大型連休といっても韓国旅行をあえてするというのは‥ さすがに意図を測りかねます。 保険も効きませんし。


    metro

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1493476555/

    朝鮮戦争の停戦後、緊張状態の再来を想定して韓国が国際社会の中で位置づけられていた筈ですが、まさにこの状況下、韓国は当事者能力を完全に喪失中です。 北の工作の成果でしょうか‥


    kim_SLBMe

    ソース元: http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1493276365/

    アメリカを中心とする国際社会に向け、持てる言葉を尽くして舌戦を繰り広げる北朝鮮。 ついに先制攻撃まで言及してきました。 先制攻撃は北朝鮮が一番やりたくない事の筈なのですが‥


    syukin10252e

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1493266980/

    北朝鮮の暴走とTHAAD配備で一気に険悪ムードの中韓レッドチーム。 宗主国としては属国にしつけが必要な場面ですから何らかのアクションは当然なんですが、北のミサイルでってのは‥w



    img_7

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1493040353/

    ついに『李氏朝鮮』まで日帝残滓と言い出した韓国。 日本の左翼と歴史学者による自虐史観も大概ですが、彼の国のホルホルファンタジー史観よりはマシ‥‥どっちもどっちでしょうかw


    no title

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1493050985/

    「歴史を忘れた民族に未来は無い」と叫ぶ韓国。 ではなぜ、すぐに映画で歴史を違う事を描いて、何が事実かわからくしてしまうんでしょうか‥? 彼らが言う歴史って何なんでしょう??


    ianfu0424e

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1492652042/

    半島情勢が緊迫する今、韓国では大統領選と並行で「釜山慰安婦像の横に大統領像を置く」論争が展開中‥ 北の工作なのか、もはや亡国なのか‥ 色んな意味でスゴイですw


    korea_nationalflage

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1492682623/

    対北朝鮮でアメリカにすり寄る中国、朝鮮半島に対する影響力をもつ正当性をトランプ大統領に強調しはじめましたw 宗主国と属国をどう捉えるか、韓国の新たな歴史戦の始まりですw


     


      このページのトップヘ