わくわくJAPAN

目覚めよ、ニッポン! 日本と世界の明日を考える 愛国まとめ!!

    慰安婦像

    kishida_e

    ソース元: http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1487484708/

    慰安婦 日韓合意から1年以上過ぎ、問題は『慰安婦像の取扱い』にすり替えられている面があります。 日本はもう、韓国政府が「当事者能力を欠く」「合意を誠実に実行する気はない」との前提で、国際社会の信頼と名誉の回復を独自に考えなければならない段階に来ています。



    ソース元: http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1483087746/

    日韓合意から1年、韓国国内を中心に増え続ける慰安婦像。 釜山の日本領事館前への設置はその象徴となりましたが、像だけじゃなくて慰安婦(本人)まで増加中らしいですよ‥!w


    pusane

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1483087487/

    日本に衝撃を与えた釜山領事館前の新 慰安婦像。 ですが、これで韓国=協定を守れない・国際法違反の国であると国内と世界に伝わりました。 また反日シンボルの像のお陰で、韓国人は決して日本に接近できなくなった‥と、実は慰安婦像が日本にとって『非韓三原則の守護神像』になってしまっています‥w


    yunbyonse7e

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1483187774/

    釜山 慰安婦像テロ、自治体が一転公認しやがりましたが、韓国政府は「当事者ではない立場(!)」 をとる腹積りの様子。 日本はアソコの国家公認、もう止めましょうや(かなり真剣提案)‥


    ian1229e

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1482914697/

    釜山の総領事館前にゲリラ設置された慰安婦像は、すぐに撤去されました。 設置が仮ながら撤去自体はやはり容易な訳です。 ソウル大使館前の像はなぜ無理なんでしょうか?


    no title

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1482911019/

    韓国 釜山の日本領事館前にゲリラ設置された『新・慰安婦像』。 日韓合意から韓国内で増え続けている慰安婦像なのに、なぜか設置でもめている様子です。 何が起っているんでしょうか?


    ian1221e

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1482308003/

    日韓合意後、韓国内で増殖中の慰安婦像。 特にソウル日本大使館前の慰安婦像は既に『韓国人の精神的支柱』とも言うべき状態ですが、釜山の総領事館前にも計画が進んでいる様です。。。


    ianfuzou1019e

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1476601984/

    ソウル日本大使館前から撤去されるはずの慰安婦像。 しかし実現しないのは、日本人だけが知らない「撤去されぬ理由」があるからだそうなんですが・・・しかし、ほんとウソつきです。


    ianfuzou1009e

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1475896340/

    安倍首相の「お詫びの手紙」を拒絶され、国内の反発が収まらない韓国の慰安婦問題。 韓国の有力カードは「慰安婦像の撤去」ですが、これは国際法(ウィーン条約)違反。


    ianfu_cospre

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1474467333/

    日韓合意から、狂ったようなペースで増加し続けている慰安婦像。 北米、豪州に続く目的地はもちろん欧州! 親特亜のドイツで計画がもちあがったようですが・・・


    syojoe

    ソース元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1472470066/

    少女像を象徴に、慰安婦問題をどんどんエスカレートさせる韓国。 今度は「追悼公園」だそうです。。。 しかも、わざわざ日韓併合の日を選んで除幕式を開催する念の入れ様。 日本人は座視してる場合じゃありません。

     


      このページのトップヘ