わくわくJAPAN

目覚めよ、ニッポン! 日本と世界の明日を考える 愛国まとめ!!

    左翼

    moritomo2e

    ソース元: http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489973753/

    揚げ足とり、捏造、ダブスタ、印象操作、マスゴミ総力を挙げてのキャンペーン展開‥ 毎回、実無く虚しくはないですか? 発火寸前の北朝鮮、崩壊寸前の韓国、裏で蠢いてる中国‥ あ、だからこそ張り切ってたんですか? ‥それに、沖縄はじめ国内問題も山積みですよね? もうね、正直ウンザリなんですわ‥ ま、次の選挙が楽しみです、ホント。


    asahi5e

    ソース元: http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1482914123/

    戦前から、『日本のクオリティ・ペーパー』としての地位をなぜか保ち続けてきた朝日新聞。 日本国民がやっとその嘘とからくりに気付き、目覚めはじめています。 これからです!


    yamaguchie

    ソース元: http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1481541543/

    上がる一方の安倍内閣 支持率と、下がる一方の民進党支持率。 衆院の任期が折り返しになって解散の気運が高まっている中、反日パヨク勢は戦々恐々みたいです。 もう一押しですね!


    brexit12132e

    ソース元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1480823306/

    反日勢力が「欧州を見習え!」とか言ってる間に、お手本の欧州・米国は自国ファーストの保守傾向が一気に進んで日本を周回遅れにしてしまいましたw パヨクこれどーすんの?w


    kayamarika1114e

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1480216299/

    ガチのパヨク活動の印象で忘れられがちですが、香山リカ先生は免許保有の現役医師です‥ご本人曰く。 その医師的見地から、ネトウヨはどうも『病気』らしいんですが‥w

    ryuukougoe

    ソース元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1479470558/


    毎年ほとんどのニュースが伝える「流行語大賞」。 ここのところ反日臭が半端ないのですが、なぜこれ程あからさまに反日工作を行なってくるんでしょうか?


    gakki2

    ソース元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1479549814/


    「日本死ね」を筆頭に、反日勢力はあらゆる手段で日本をディスろうと隙を狙っています。 個々のネタは、おそらく「数撃ちゃ当たる」で、かなり適当なものだとしか思えませんが‥


    park1118e

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1479553386/

    「憲法守れ!」日本では反日左翼の定型句ですが、本来は国体を護る右派が主張すべき内容。 日本の憲法の異常性が生み出すネジレですが、韓国にはこのネジレは無いようです‥幸いに。


    nazise

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1478075812/

    反日勢力がチクリまくって炎上させた「欅坂46」のナチス衣装。 結果イスラエル大使館やユダヤ人団体、海外マスコミがまんまと乗っかってきた訳ですが、真意はこういう事らしいです。


    whyjapanesee

    ソース元: http://vipper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1475388458/

    「若者の新聞離れが止まらない・・・!」 長きに渡り第四の権力=マスコミ筆頭を自認してきたクオリティーペーパー的には死活問題の様子w 理由は聞くまでも無い気がしますがwww



    abe_mario_2e

    ソース元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1471856172/

    世界から大絶賛だったオリンピック閉会式での東京ショー。 国内外の反日勢力の皆々さんがさっそく激しく反発してますが、2020年の東京オリンピックが大成功したら彼らはどうなっちゃうんでしょうかwww

     


      このページのトップヘ