わくわくJAPAN

目覚めよ、ニッポン! 日本と世界の明日を考える 愛国まとめ!!

    ミサイル

    NorthKorea0420e

    ソース元: http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1492517387/


    世界最強の戦力=アメリカの空母打撃群を複数突きつけられ、本音では戦争を全力で回避したい北朝鮮。 アメリカと世界に対し「攻撃してきたら日本を殺すぞ」と脅している図式です。なるほど、日本が、日本人全員が人質という訳ですね。 なぜこんな事が成り立つんでしょうか‥?


    kimjone

    ソース元: http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491945049/

    オバマ政権と違い、交渉の余地を全く見せないアメリカに北朝鮮のハッタリは限界です。 どこかで「行動」に出る筈ですが、何を、いつ、やるのでしょう? 中露の動きも気になります。


    s_ice_screenshot_20170407-103310e

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1491567394/

    もはや「有るか無いか」ではなく「いつなのか?」に移りつつある朝鮮半島有事。 どのような選択肢を取るかについて、選ぶ立場にあるのはアメリカと北朝鮮だけの状態です。


    yoshidaseijie

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490805012/

    朝日新聞に「ミサイル避難訓練は過剰反応」という読者投稿が。 この投稿、実際の投稿なんでしょうか? 本物だとしたら、なぜ朝日新聞はこれを採用・掲載したのでしょうか?


    koreamissilee

    ソース元: http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1488766382/

    今月から始まった米韓軍事演習に「超強硬措置で立ち向かう」と猛反発する北朝鮮。 ‥で、ミサイルが日本のEEZに多数飛んできちゃう訳ですが、これ、どういう図式なんでしょうか?


    rs28e

    ソース元: http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1477538814/

    北朝鮮から単発~数発飛んでくるミサイルに戦々恐々とする日本。 でも実際は中国そしてロシア=ガチ核保有国のミサイルが(飛んでこないだけで)多数日本を向いている事実があります。


    nk_missile_1009e

    ソース元: http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1475810456/

    長年「ノドン」ミサイル攻撃圏にさらされ、悪い意味で日本は “慣れっこ” に近い状態ですが、ムスダン、SLBMと続く新しい直接攻撃力を、アメリカはいつまで座視できるでしょうか?


    matsutakee

    ソース元: http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1476008308/


    北朝鮮産のマツタケが国内に流通する事は一般ニュースでも報道される周知の事実ではありましたが、日本にミサイルが頻繁に飛んでくるとなると、経済制裁の綻びとして注目されてきます。


    nk_missile

    ソース元: http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1475810456/


    10月10日(月)、日本は体育の日で祝日ですが、半島では北朝鮮の朝鮮労働党 創立記念日、一方で米韓は空母が参加する米韓合同軍事演習で、例の“斬首作戦”をちらつかせます。


    nkorea_missilee

    ソース元: http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1475196599/

    朝日新聞が中立に思えるほど左向きで有名な東京新聞。 その異端児として有名な長谷川幸洋氏の私論とはいえ、驚天動地の記事が紙面を飾りました。 正論過ぎて逆に心配になりますw


    missile_0926e

    ソース元: http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1473753086/


    潜在的な状態から明らかに顕在化した北朝鮮のミサイルによる脅威。 中国やロシアに向ける訳はなく、韓国が実際には同胞である事、憲法で反撃ができない事から標的は日本が最優力です。


     


      このページのトップヘ