わくわくJAPAN

目覚めよ、ニッポン! 日本と世界の明日を考える 愛国まとめ!!

    日本

    korea_indiae

    ソース元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1491001603/

    擦り寄った中国に思い切りブッ叩かれている韓国。 対抗策として日米との協力を『思いついたニダ』みたいですw ‥それ、朝鮮戦争からわかってましたよね? 60年以上前の話ですが‥


    kanayamae

    ソース元: http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491039847/

    沈静化したかに見えた寺社仏閣への液体被害、また連続発生です。現行法で器物損壊は「三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金」でしかありません。 これ、三十万円でやり放題ですよね?


    tsujimoto

    ソース元: http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491000206/

    安倍・稲田の首を獲れるなら詐欺師のホラ話にも平気で乗っかる、そんなやり方でプロの政治家、政党をやられちゃたまりません。 嘘上等で、バレなきゃOKという元々の体質が問題です。


    koreanambasadore

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1489970328/

    韓国では大統領候補が揃って「慰安婦合意の再交渉」を国民に約束していますが『最終的かつ不可逆的に解決』を合意したのですから、それは有り得ません。 1965年の日韓基本条約が死文化されてしまった歴史を日本人は肝に銘じ、断固対処しなければ問題は永久に終わりません。


    north koreae

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490354877/

    毎年恒例、北朝鮮の「食料支援おかわり」 ついに国連まで動かしてきました。が、北朝鮮の実情をねじ曲げた原因分析をしてます。 国民も救われませんし、国連、害悪でしかないですね。


    asahiianfu2e

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1489197337/

    「日韓関係が最悪の状態!」 天下の朝日新聞が日本社会に警鐘を鳴らしています‥ って、道義的責任どころか、あんたが主犯なんスけど!? 謝罪どころかその事実すら認めてませんよね??


    hansu

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1489190775/


    日韓関係は、駐韓大使が帰国して機能停止中ですが、回復の前提条件は韓国の日韓合意履行です。 具体的にはソウル大使館前の慰安婦像撤去が必要ですが、韓国には奥の手があるようで‥


    LhbG9vu

    ソース元: http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490181113/

    一時、おやつれのご様子が報道された愛子さま。 ご健康に心配の声が聞こえましたが、中等科ご卒業の現在は、お元気なご様子でますます麗しいお姿であらせられました(祝)!


    nikkansene

    ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1488587223/

    中国のガチすぎる制裁は、正直、弱り目の韓国にとっては無理ゲーすぎる逆境です。でも、こんな時にはトンスルならぬ反日酒に全国民が酔って団結し、100%以上のパワーを発揮して国難をのりきる、というのが韓国人の知恵ですw そりゃ、象徴の慰安婦像、撤去無理ですわなぁ。


    china_indonesiae

    ソース元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1490365238/

    インドネシアがまた高速鉄道を必要としているそうで‥ ほら、お得意先の中国さんにまたタダで(お偉い人は賄賂と女性つきで)作ってもらったらいいんじゃないですか? ねぇ??


    atamae

    ソース元: http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1490349324/

    韓国の日本に対する異常な思考・行動は、マスコミの報道しない自由で一部ネット上だけの情報にとどまっていましたが、一般メディアにまで拡散が始まり、常識に近づきつつあります。


     


      このページのトップヘ