killkillee

ソース元: http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1477603023/

世界記憶遺産 登録で「南京大虐殺」が国際社会の認識にされてしまいましたが、大きな役割を果たしたのが米ベストセラーの『ザ・レイプ・オブ・南京』でした。 また全く同じ現象です。


1: ねこ名無し ★ 2016/10/28(金) 06:17:03.81 _USER

【米国】根強い「原爆投下は正しかった」論、反日感情を高める歴史書が大人気 南京事件、従軍慰安婦についての記述も

■今回の一冊■ KILLING THE RISING SUN 
  筆者 Bill O'Reily, Martin Dugard 
  出版社 Henry Holt 
no title


 太平洋戦争で日本軍がアジアで行った非人道的な行為などを盛り込んだ歴史ノンフィクションが今、アメリカで大ベストセラーとなっている。その主張は明快だ。多大な犠牲を生んでいた戦争を終わらせるには、広島・長崎に原爆を投下したことはやむ終えなかった。原爆投下を決めたアメリカのトルーマン大統領の決断は正しかった――というものだ。おまけに、カーターや父ブッシュら元大統領から原爆投下に関する意見を書簡で寄せてもらい、その手紙も巻末に掲載している。日本人としてはとても気になる本だ。 

 ニューヨーク・タイムズのベストセラーリスト(単行本ノンフィクション部門)では10月2日付でトップで初登場し、ランクイン5週目となる直近10月30日付でもトップの座にいる。今年はオバマ大統領が現職の大統領として初めて被爆地・広島を訪れた。日本人にとっては特別な思いを抱かせる出来事だった。しかし、大統領の本国アメリカでは原爆投下は正しかったと論じる歴史書が売れているのだ。 

 しかも、原爆投下を正当化するため、日本がいかにひどいことをしたかを克明に書く。一般のアメリカ人が読むと反日感情を抱くだろう。日本は原爆の被害者である前に、アジアの人々に多大な犠牲をもたらし、アメリカ兵を殺した加害者だというとらえ方だ。原爆を投下された被害者という立場からだけ訴えても、なかなかアメリカ人には原爆の悲惨さを受け入れてもらえないということなのだろうか。 


「残虐な日本軍を止めるには原爆投下はしかたなかった」 
 筆者のビル・オライリーは「オライリー・ファクター」というテレビのニュース番組の司会者を務め、保守派の論客として人気を博する人物だ。本書のタイトルKILLING THE RISING SUN のRISING SUNとはもちろん「日いづる国」からとったもので日本を指す。日本をKILLINGとは穏やかな表現ではないと思われるかもしれない。しかし、筆者はすでにKILLING LINCOLN、KILLING KENNEDYなどのベストセラーを相次ぎ上梓している。本書はこのKILLINGシリーズの第6作目となる。 

 とても読みやすく微妙にバランスのとれた内容だというのが、一読した後の正直な感想だ。歴史ノンフィクションとさきほど書いたが、歴史読み物といった方がいいかもしれない。つくりはハリウッド映画的だ。各章は特定の場所、年月日と時刻を明示し、大統領執務室での要人たちのやりとり、ペリリュー島や沖縄での日本軍とアメリカ軍の激闘など、さまざまな場面を臨場感豊かに描写し、アメリカが原爆投下という決断に至る過程を描く。一方的な論の展開ではなく、歴史的な事実を積み重ねた読み物としてまとめており逆に説得力がある。

 ペリリュー島や硫黄島などでの激闘シーンでは、当然ながらほとんどがアメリカ兵の視点から描かれる。実際に従軍した人々の回想コメントなどをふんだんに盛り込み、国のために命を落としていくアメリカ兵たちの英雄的な活躍をドラマチックに描く。アメリカ人が書いたのだから、これはしかたないだろう。一方で、アメリカ軍が無差別爆撃で民間人を大量虐殺した東京大空襲にふれたり、原爆投下によって引き起こされた広島や長崎での惨状について、被爆者たちの回想談なども交えて伝えたりしている。核兵器の悲惨さを指摘しながらも、本書は原爆投下はやはり正しかったと主張する。 

 本書が原爆投下を正当化するロジックの基本はこうだ。武士道を大切にする日本はなかなか無条件降伏を受け入れなかった。あのまま戦争が続いていたら、アメリカは日本本土への上陸作戦を決行し、さらに多くの命が失われていただろう。残虐な日本軍を止めるには原爆投下はしかたなかったというものだ。 
>>2以降に続く)


2: ねこ名無し ★ 2016/10/28(金) 06:17:26.84 _USER
>>1の続き)

バターン死の行進、南京事件、従軍慰安婦についての記述も
 これから、本書の記述をいくつか引用するが、本コラムを執筆するわたし自身、歴史的な事実として内容が正しいのかどうか判断する能力を持たないことはお断りしておく。ベストセラーに日本軍による残虐な行為が多く取り上げられ、多くのアメリカ人が読んでいるという事実をまずは知っていただきたい。日本軍の蛮行に関する記述の詳細な吟味や事実誤認がある場合の筆者オライリーへの抗議などは、歴史家や外務省の専門家の方々にお任せしたい。

 日本軍によるフィリピン進攻作戦で、アメリカ軍とフィリピン軍の捕虜を捕虜収容所に移送する際に多数の死者を出した、いわゆる「バターン死の行進」について次のように記している。 

 Bataan Death March, seventy-six thousand captured American and Filipino soldiers were stripped of their valuables and force-marched sixty-five miles to a prison camp. Their hands were bound the entire way; those unable to keep pace in the brutal heat and humidity were shot, bayoneted, or beheaded by their captors. Japanese trucks rolled right over those who collapsed. In all, more than seven thousand men perished.

 「バターン死の行進では、捕虜となった7万6000人のアメリカ兵とフィリピン兵が貴重品を奪われ、65マイル離れた捕虜収容所まで徒歩での強行軍を強いられた。捕虜たちの両手は縛られっぱなしだった。猛暑と極度の湿度のなか、ついていけなくなった者たちは、日本兵に銃で撃たれたり銃剣で刺されたり、あるいは首を切られた。日本軍のトラックは倒れた者たちの上を進んでいった。総計7千人以上が亡くなった」

 南京事件については次のように書いてる。

In all, the Japanese systematically defiled and murdered half of Nanking's six hundered thousand citizens. Their behavior was hardly a secret. The people of Japan thrilled to news that the Chinese were being savagely tyrannized; in Tokyo, the Japan Advertiser ran a daily tally of the dead in a decapitation contest between two prominent Japanese soldiers.

 「日本軍は組織的に冒とく行為を行い、南京の60万人の市民の半分を殺害した。日本兵たちの行為は秘密ではなかった。中国の人々が残忍に虐げられるニュースに日本の人々は興奮していた。東京ではジャパン・アドバタイザー紙が日々、著名な2人の日本兵が首切り競争で何人殺したかを報じていた」

「東京大空襲は史上もっとも恐ろしい爆撃だ」


 このほか、フィリピン・マニラで日本軍が多くの婦女子をレイプした事例について、被害者たちの証言を当時の調査報告書から引用するなどして詳述している。悪名高い731部隊についても書いている。こんなひどいことをしたのかと、読んでいて気分が悪くなる内容だ。従軍慰安婦についても本書は次のように記す。

 Soon the rest of the world will discover that the Japanese leadership not only brutalizes captured soldiers but has also sanctioned the use of women in conquered territories as prostitutes for the gratification of Japanese troops. These innocent civilians are forced into sexual slavery and have become known as comfort women. Some two hundred thousand of these victims have been abducted or sold to brothels favored by Japanese troops. The penalty for becoming pregnant is often death or disembowelment, for fear of diluting the purity of the Japanese race with the blood of a mixed-race child. (中略)Women from Taiwan, the Philippines, Korea, Indonesia, Bruma, and Holland have been taken captive and repeatedly raped by Japanese soldiers.

 「世界はやがて次の事実を発見する。日本の軍部が捕虜を虐待するだけでなく、日本兵を喜ばせるために占領地の女性たちを売春婦としてつかうことを許可していた。罪のない民間人が無理やり性の奴隷にされ慰安婦と呼ばれていた。こうした約20万人の犠牲者たちは誘拐されたり売られたりして、日本兵がつかう売春宿で働かされた。妊娠した場合の罰はしばし死であり腹裂きだった。日本民族の純潔が混血児によって汚されるのを恐れたためだ。(中略)台湾やフィリピン、韓国、インドネシア、ビルマ(現ミャンマー)、オランダの女性たちがとらわれ、日本兵に繰り返しレイプされた」

 本書は一方で、日本を非難するだけで終わらせず、アメリカ軍が1945年3月の東京大空襲で引き起こした惨事も忘れない。

(続く)

3: ねこ名無し ★ 2016/10/28(金) 06:17:41.52 _USER
(続き)

 This firebombing of Tokyo, known as Operation Meetinghouse, is the most horrific bombing in history, far deadlier than the recent Dresden attacks---or any other bombing of the Second World War.

 「東京大空襲(ミーティングハウス作戦として知られる)は史上もっとも恐ろしい爆撃だ。当時のドレスデン空爆や第二次世界大戦におけるいかなる爆撃よりもひどいものだった」


トルーマンを支持した父ブッシュ
 本書はアメリカの大統領やマッカーサー将軍、マンハッタン計画のもと原爆開発を急ぐ科学者たち、日本の昭和天皇の動きも織り交ぜながら、アメリカが原爆を日本に投下するに至る経緯を追っていく。筆者のビル・オライリーは第二次世界大戦末期に米海軍の少尉だった自分の父親も登場させる。アメリカが原爆を投下せず、日本本土への上陸作戦を決行していたら自分の父親は戦死していた可能性が高く、原爆のおかげで今の自分の生があると述べる。

 筆者のオライリーはさらに、歴代の大統領たちに、原爆投下を決めたトルーマン大統領の決断をどう評価するか問い合わせている。ジミー・カーターや父ブッシュ、息子ブッシュからそれぞれ書簡で回答を得たといい、その手紙のコピーを巻末に掲載している。ちなみに、ビル・クリントンとオバマ大統領は回答を断ったという。

 最後に、父ブッシュの手紙から引用して本稿を締めくくりたい。これがアメリカの一定の世代に共通する考え方なのかもしれない。

 I think Harry Truman did the right thing. Thousands of Americans would have died invading Japan. Maybe even me. (中略)So would I have done the same thing? I think so. At that time, it was the right decision. tough but right.

 「わたしはハリー・トルーマンは正しいことをしたと思う。日本への上陸作戦を実行していたら何千人ものアメリカ人が死んだだろう。おそらく、わたしもだ。(中略)わたしなら同じことをしだろうか? わたしはそう思う。あの時には、そうすることが正しい決断だった。大変な決断だが、正しい決断だ」


森川聡一 (もりかわ・そういち)
ITバブル期にニューヨークに住んだ経験を持つ経済ジャーナリスト

(おわり)

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/8045  

927: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 11:13:48.18
民間人を大量に殺害した行為を正当化ですか

668: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 09:47:45.32
「この新兵器を使用することでわが軍の犠牲を大幅に減らし、速やかに勝利できるから、この新兵器は平和的です」

—第一次大戦の毒ガスの広報-

68: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 07:15:19.12
>>2
南京の人口が3倍になってるな。

72: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 07:19:07.42
>南京の60万人の市民の半分を殺害した。

中国人は死者数を水増しするがアメ公は人口を水増しするのか

705: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 09:57:11.22
アメリカ人のくせにアメリカの南京調査記録、慰安婦調査記録は無視か?

260: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 08:20:04.06
>>1

こういう中韓米の歴史修正主義には反吐がでるな。

こっちが抵抗しないのを良い事に際限なく、濡れ衣を着せ、日本を悪役に仕立てるために根も葉もないデタラメを並べてくる。


実態は、米国は日本人兵士の遺体を面白半分に首を切って肉剥いで土産物の髑髏つくったり、骨からペーパーナイフ作ったり、病院で寝ている人間を撃ち殺したり、捕虜として移送されている日本人を飛行機から全員突き落としたり、無茶苦茶やってたのに。

こういう731とか慰安婦とか、戦後1970年代になって突然追加されたデタラメや、その頃から級に異常に膨らまされた南京とかに対して、全く反論が出来ていない。

これは政府と外務省の怠慢と言って良い。
アメリカにも抗議するべきだ。

何せ、731にせよ慰安婦にせよ、最近のアメリカ政府のよる公的な調査でも、全く根拠が無いとこがわかっているんだから。
これで、なんで放置しているんだか……

78: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 07:24:49.29
>「残虐な日本軍を止めるには原爆投下はしかたなかった」

その残虐な日本軍をでっち上げたのは中国。
そしてヒラリーは中国の犬。
いやーな予感しかしないww

74: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 07:20:33.99
どんな理由をつけたところで、原爆のみならず、
東京や大阪など大都市で空襲を行い、
非戦闘員を大虐殺したことは、
すべて当時の戦時国際法違反。

我々は正しかった、ということにしないと精神が保てないんだろうが、
そうやって自分を誤魔化したところで、罪の意識はいつまでも消えない。

76: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 07:23:51.06
>>74
大都市だけではない
日本中を空襲しまくった

98: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 07:33:50.79
当時すでに日本は停戦に動いていた、アメリカは核兵器の実践テストがしたかっただけだよ
本当に戦争を止めさせるだけなら1発で十分だったのにわざわざ2発、しかも違う種類の物を使用した

東京大空襲もそうだ、軍事施設のない地区にまず焼夷弾で囲み逃げられなくした後に通常爆弾を投下してトドメをさす、大量虐殺のテストに他ならない

東京裁判はそういう自分たちの汚ならしい行為を誤魔化すための物であり当時参加していたインドなどからも異議が出ていた

アメリカなんか言ってる事はお綺麗だがやってる事は今の中国と大差ない

138: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 07:46:10.33
1945年8月15日終戦。9月20日記者会見でルメイは

「戦争はソ連の参戦がなくても、原爆がなくても、二週間以内に終わっていたでしょう。 原爆投下は、戦争終結とはなんら関係ありません」と答えている。

マッカーサーも、「原爆投下は全く必要なかった」と断言し、太平洋艦隊司令長官のニミッツも、「全く無益で、投下すべきではなかった」と言明した。

統合参謀本部議長のリーヒ提督に到っては、「我々のキリスト教倫理に照らしても、このような兵器を使用するべきでなく、これによって我々の道徳水準は、暗黒時代の野蛮人のレベルにまで堕ちてしまった」と、 トルーマン大統領を非難している。

233: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 08:13:48.85
アメリカ人がどう思おうが勝手だが
核兵器による非戦闘員大量虐殺は
人類史上最悪の極悪非道な戦争犯罪であることは
間違いないんだけどな

237: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 08:14:48.24
>>233
だから、アメリカが核攻撃されても文句は言えんのよw

246: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 08:16:30.91
>>233
それをきっかけに、水爆製造まで初めて、世界に核兵器をまき散らすきっかけを作った

それが最大の罪なんだけどな、その発端が原爆投下なのさ

核兵器使っていいという、重大な先例をつくっちまったんだ

406: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 08:54:36.86
アメリカにしてみれば自身の黒歴史でもあるんだから、今さら蒸し返されたくないんじゃないのか
相手国の日本は別に何も言ってないんだからさ
それを自分らの利益のために、中国や韓国が蒸し返して利用しようとしてるんだろ

422: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 08:58:25.15
>>406
> それを自分らの利益のために、中国や韓国が蒸し返して利用しようとしてるんだろ


そうなんだけど、アメリカ人は自己保身が強いから迎合する。
そして、間接的に中国人、朝鮮人に操作されるような状態になってきている
シナ朝鮮とは日本は可及的速やかに縁を切るべき

580: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 09:29:50.04
まぁアメリカの主張だと正義があれば民間人虐殺していいんだろう
お味方の韓国がアメリカを見本にベトナム戦争でちゃんとやってくれた

747: 大有絶 ◆moSD0iQ3To 2016/10/28(金) 10:11:26.63
正義のためなら民間人の大量虐殺も正当化される

これを言い出すと
じゃあ911だって許されるじゃん
ってテロリストが言い出すだけなんですよね。

南京と慰安婦を言いたいだけの
中韓に金だか女だかつかまされた連中が喚いてるんでしょうが。
アメリカの自尊心を慰める振りをして。

でもそれは結局アメリカの国益を損なうだけです。

アメリカの強さとは
黒人を奴隷から解放するとかの
過ちを認める強さですから。

633: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 09:40:57.08
アメリカ、中国が日本はひどいことしたとことさらに言うということは
アメリカ、中国は実はもっとひどいことをしてきたということ
自分の非をごまかすためにやっていることなんだよねw

276: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 08:23:20.10
アメリカも中国もロシアイギリスもダブスタ
その中で上手く動くしかないよ

力がないのだし

648: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 09:44:16.18
正しいならば再び同じ事を行えば良い。
間違いならばもう行わなければ良い。

正しいと思っているのになぜ非戦闘員に対する無差別爆撃や核兵器使用をしない?
イラクやアフガニスタンで今も終わらない戦いで危険に身を晒し続ける大勢の
米兵の命を救うためと言う正義は有るのに東京大空襲や広島長崎を再現しないのは何故だ?

アメリカ合衆国は相手国の民間人全員の命より自国兵士優先では無かったのか?
言ってる事とやってる事が真逆と言う矛盾から何時まで目を背け続ける気だ貴様等。

843: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 10:42:10.30
慰安婦強制連行と南京大虐殺が
世界に信じられてることが悔しいね

657: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 09:46:12.35
中国汚染がひどいな

157: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2016/10/28(金) 07:52:59.91
どうせ、中国が裏で糸をひいて、アメリカのパヨクを扇動してんだろ

日本がすべきは、シナチョンの工作活動に対抗できる組織を早く作ること

再軍備だけが国防じゃないからね



Killing the Rising Sun
Bill O'Reilly
Henry Holt & Co